こんにちは!

今回は「はり」の字についてお話します。


「はり」には「鍼」「針」という漢字がありますよね。

「はりきゅう」の「はり」としては、どちらも同じ意味で使われます。
ただ、それぞれ語源、元の意味合いが違います。

昔、講義の中で、
—————————————————————————————–
「針」は金属製の先のとがった細いものという意味。
「鍼」の方は、「咸(カン)」には「封じる」という意味があって、
「鍼」には「金属で悪いものを封じる」という意味が込められている。
——————————————————————————-
というお話を聴いたことがありました。

「針」を使うものとしては、ホチキスや時計などがありますね。
たしかにホチキスの針・時計の針とは書きますが、
ホチキスの鍼・時計の鍼とは書かないですもんね。

「鍼」は元々、「治療するためのもの」、として出来た漢字なのかもしれないですね。

刺す、刺さないに関わらず、「鍼」を扱うときには、このときに聴いた「鍼」のイメージを持って施術にあたっています。
鍼 ホチキスの針

明日は「はり師」「きゅう師」の国家試験の日です。
 #「鍼灸師」で一つではなく、それぞれ別の資格なんです。
そして今日は「あん摩マッサージ指圧師」の国家試験の日でした。

「はり師・きゅう師」「あん摩マッサージ指圧師」も3年間専門学校で学び、
国家試験の受験資格を得て、試験に合格して、ようやく免許をもらえます。
知らない方も多いかもしれませんが、「あん摩マッサージ指圧師」も国家資格なんです。

免許を取ってからが大変なんですが(^^;

受験生のみなさん、がんばってくださいね。